blog

2020/05/13

ブログ

大聖堂式の意味

ブログをご覧の皆様こんにちは
お家時間いかがお過ごしですか?

私はお家時間を利用してお客様に提案するパーティーの
コンセプトや演出を日々練っています!

ただ挙式に関してはこのロイヤルグレース大聖堂では
ここだけの大聖堂式が軸となり進めています

本日はその大聖堂式のこだわり、バージンロードをご紹介します!



ロイヤルグレース大聖堂では
ゲストの入り口とお二人のご入場扉は別でご案内しています

なぜなら、お二人が歩むバージンロードは
『夫婦の道』『人生を表す道』などと意味がある大切な道だから・・

そんな大切な道はお二人が最初に歩むべきだと考えて
ゲスト様には別の扉をご案内しています

そんな意味合いを大事にして建てられたチャペルは実はここだけ

 

 

長さは北陸1の 22メートル

実はこの長さにも意味があります
『お二人がいい 夫婦 になりますように・・』
そんな意味と願いが込められています

ただ大きいだけが大聖堂ではありません

チャペルの創り、挙式の意味がある本格的な教会のことを
大聖堂と言います

福井では唯一の大聖堂チャペル


女の子がだれもが憧れるこのチャペルであなたも夢を叶えてみませんか?

 

 

★TikTokにて大聖堂チャペルをご紹介中★

公式アカウント『@rosegarden0000』を検索!

フォロー&いいね!お待ちしております!!

 

 

谷内

リクルート情報

pagetop

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

Tel.0776-57-0008