blog

2020/05/06

ブログ

ありがとうの三段ケーキ

披露宴における”はじめての共同作業”といえば…





そう!ケーキカット♡♡
ケーキカットのあとのファーストバイトについては
3つ前のブログでその意味をご紹介しましたよね♪

今回はカットする、そしてバイトする
”ウェディングケーキ”についてお話しします。





はじめにも書きました”はじめての共同作業”として
ウェディングケーキは当たり前のように披露宴に登場しますよね。

そんなウェディングケーキの起源は18世紀後半頃までさかのぼり、
それぞれの段にこんな意味があるんだとか。


一番下の段は、今日披露宴に来てくれた方への気持ち。

真ん中の段は、今日来られなかった方への気持ち。

そして一番上の段は、おふたりのお子様がお生まれになることへのお祝いの気持ち。


ご存知でしたでしょうか?

来てくれてありがとう、遠くから支えてくれてありがとう、
そして未来のお子様への、生まれてきてくれてありがとう。

こうして意味の込められたケーキを一緒にカットし
意味の込められたファーストバイトをする。

当たり前に感じるウェディングケーキですが
この日にしか食べられない、特別なケーキなんですね。

ローズガーデン/ロイヤルグレース大聖堂では
パティシエとのお打合せができる機会を設けております。

意味のあるケーキに、さらに”おふたりらしさ”を散りばめて
この日にしか食べられない、世界で一つの特別なケーキをつくりましょうね♡





中川

リクルート情報

pagetop

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

Tel.0776-57-0008